ジキルとハイド

04 ZX-10R(C型)と管理人がグダグダと日常を過ごす日記※前車RS250の記録も多数あります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天狗GP参戦記

 ツーリング行ったのにレポを一切書いてなくてさすがにやばいと思い唐突ですが今日書く事にしましたw

 とりあえず無事帰ってますのでご安心をーw

 って実はmixiの方では既に上げているのでほぼ完全なコピペですがw


 さてさて、早速ですが6月6日のレース…じゃなくてツーリングについて。

 主催者はしんすけさん。多分何だかんだ会うのは1年半ぶり?w

 前日からグローブにラナパー塗ったりバイクの点検したりと準備をしっかりして10時に56号のバナナへ。

 あっちなみに今日の格好ですが

 つなぎ


 

 こんなのヽ(´∀`)ノ アホカ

 いや、どうせ…ねー?wあり得ないペースになるのは分かってたし(主催者からしてDQNこの上ないかr(ry))自分のライディングを見直す良いきっかけにもなるだろうと思って、そう考えるとやっぱり革つなぎで行くのが一番だろうって結論になりまして。

 で、道中車に乗ってる人や対向車のバイクにガン見されながら到着するとサスケさんがいました。(お初の方も先に数名もいらっしゃってました)

 集合


 

 なんだかんだかなりの台数ですねー。10台以上は間違いなく居たと思う。

 さてこの中で無事生きて帰る事ができるのだろうか…。


 続く…。

 なんてしちめんどくさい事はせずせっせと続きを書きますw

 
 当初2グループに分ける案が出ていましたが隊列の中、どこかで必ず「ずれ」が出るのは仕方ない部分もあったのである程度自分の判断にまかせつつ行きましょうという事に(したんだと思う)。

 そして10時半出発。2車線が終わる所辺りから既に「えー?w」って思いながらもなんとか皆にくらい付いて行こうと頑張る。

 日吉夢産地


 途中、日吉夢産地にて休憩。この時点で若干疲れがw

 しかし特に付いて行けないわけではないしなんとか行けるかな?なんて思いを抱きながら休憩後、一路梼原に向かった訳ですが…そんな甘い話があるわけない。

 天狗に入ってからの皆のペース早すぎやろwww

 しんすけさんを先頭に走っている第1グループは既に遥か前方へ。バスで詰まってしまったのもあったけど、第2グループの中、蜻蛉さんを先頭に追い付くのでとにかく必死。

 しかも途中でエンジン付近から「しゃりしゃりしゃりー」って嫌な音がするんですよwそこでペースが乱れてしまい、頂上に着くころにはぐったりでしたw

 天狗荘にて


 そして昼前に天狗荘に到着。いやいやまだ正午前っすよ?wwこんなに四国カルストって近かったっけ?wって思っちゃうくらいのハイペースですたw

 天狗うどん


 昼食は名物「天狗うどん」まぁただの山菜うどんです。

 心なしか箸が進まないのは間違いなく体力を奪われたせいだと思うw

 昼食が終わりしばらく外で休憩。

 そして2時になった所で下山する事に。

 行きと同じようにはならないよう頑張ってたんですが…。

 途中の左コーナー。ブレーキングしてコーナーに入る時にいつもリアブレーキを軽くかける癖があるのですがふとペダルを踏もうとすると「ふにゃーー」とペダルが一気に下まで下がってびっくり。

 あれ?フェード起こした?とか考えてたんですがフロントならともかくリアって早々起こすもんかねwなんて思いながらもここでビビリミッターがとうとう発動し一気にペースダウン。

 しばらく下ってたらブレーキが普通に使えるようになったんですがあれはなんだったんだろうか。

 なんだかんだ完全に萎えてしまった気力をなんとか持ち直そうとペースを上げて皆に追い付こうとしたけれどまー無理な話ですわなw

 途中給油の為にスタンドに寄った場所でようやく合流。

 そっから中山のクラフトの里までは混雑もあり特に隊列が乱れる事無く行く事ができました。

 クラフトの里でしばし休憩後解散。

 激込みの帰り道。その中で面白かったのはしんすけさんとU子さん、そしてko-noさんと帰ってる時に56号の交差点でアメリカン2台がブンブンと派手に(向こうにとっては)シグナルGPをしたもののしばらく遊んだ後、一瞬にして点にした瞬間。やっぱうるさいだけで遅いバイクは好きになれんw

 そして何とか無事帰宅。カルストツーなのにまだ日が昇ってるってどうよw

 総評

 今回のツーリングはとにかく自分のライディングを見直す良いきっかけになったと思います。

 そしていかに自分がしょぼい運転をしているか良く分かりましたw

 今日は特に実感したんですが、誰でも心の壁を取り除けば「速くなる」のはすぐできます。でも今日のメンバーはとにかく「上手い」

 速いと上手いとは似て非なるものがあって、常に変わる路面の状況を感じながらバイクの性能をうまく引き出してコーナーを抜けて行く事によって最終的にペースが上がるわけですよね。

 はっきり言って自分はまだまだそんな領域には達してない気がしました。

 標高高いからリッターSSに比べて250は不利とかマシンのせいにだけはしたくないですもんw

 ただ追い越しの時だけは大型なもんですね。もうギアをガチャガチャ落として再加速する時のだるさったらありゃしない。一応200km出るバイクですがやっぱり中間加速の桁が違いすぎるわー。

 このままじゃ行けないし、このまま終わるのだけはしたくないのでもっと練習して皆に付いていけるようにしなくては…。一人だけ革つなぎ着て最後尾走るとかどんだけ屈辱なんだよって話ですからww


 参加された皆さん、お疲れさまでした。また走りましょう!それまでにもうちょっと腕上げときます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | HOME | 週末に向けて…。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。