ジキルとハイド

04 ZX-10R(C型)と管理人がグダグダと日常を過ごす日記※前車RS250の記録も多数あります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウィリー

 mixiの方で、自分の心臓がどうたらこうたら書いたが、そんな状況の最中、久々に夜勤入りにRSを使用したので、帰り道に峠を走ることに(アブナイッテ)
 適度に睡魔が襲って、ブレーキングポイントが一歩遅れて凄かったです。はい、冗談です(笑)

 それでですねぇ、めっちゃ遠回りな帰り道。

 いっつも、最高速チャレンジしてる某所があるのですが、その長い直線を利用して、ウィリーの練習もしてました。


 とりあえず、持ち上げる分には大分慣れたので、後は浮いた後いかにびびらずアクセルを開けるか。最初のきっかけを極めるにひたすら集中。

 2速に入れるなんて二の次です(爆)


 とりあえず・・・。

 ①1速30km程度(5000rpmくらい)から半クラを当てて一気にパワーバンドまで入れる

 ②車体が浮いた瞬間クラッチを離す。

 ③アクセルは全開固定。やばいと思ったらクラッチかリアブレーキ。
 

 RSで浮かすならこんな感じです。パワーウィリーはスナッチをいかさないと無理です。というかこちらは250では若干無理が(笑)


 ②までの行程は大分できるように慣れました。最初ちょっと浮く位置を探せれば、後は反復練習でどうにかなりそうです。

 問題は浮いた後の対処ですね。
 原付なら簡単にリアブレーキかけれるし、浮きまくっても別に恐くもなんともないのですが、やっぱ車体がでかいだけあって浮いて来ると徐々に恐さ増大。

 びびってアクセルを一気に戻そうもんなら車体がズドンと着陸!やばいステムが!!(汗)

 何でも、RSのステムはこういう衝撃で逝くこともあるんだとか、そして新品にするとうん万円という請求が来る。それは勘弁orz

 こうならない為には、とにかく着地をうまくする他ありません。

 とりあえず今は、着地の瞬間戻したアクセルを一気に開け直して、衝撃を緩和してますがこの辺の対応がいまいちなので練習せねばです。

 もうちょっとすれば世間様に公開できそうです。その時は批判&感想お願いします(笑)



 バレンティーノ・ロッシへの道は険しく遠い( ̄▽ ̄)

 そんな俺は大ちゃんのファン。

 そういえば、大ちゃんもウィリーめっちゃうまかったな。
 ビ○ッジさんのウィリーは・・・。うん、恐い(爆)
スポンサーサイト

バイク | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ジョグ | HOME | 天気悪い。>>

この記事のコメント

上下で5まんえんでーす
2006-08-21 Mon 15:54 | URL | スウ #-[ 編集]
ひぃぃぃぃぃ!!!orz
でもやっちゃう俺は既にウィリー中毒(爆)
2006-08-21 Mon 19:30 | URL | りょーた #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。